スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

1月20日(木曜日) 『釣り道具屋 Part-1』


おはようございます。

今日は、フィリピンの釣り道具屋さんを紹介します。

フィリピンには、マニラに3軒 マカティに1軒 合計4件の釣り道具屋があります。

※ もっと知ってる方は、是非コメントを入れてください。
  但し、スポーツショップに置いてある釣り道具は不可です。
  又 ビノンドエリアの漁師向けショップも知っていますが不可です。


仮に名前を A B C B とすると、 こんな感じではないでしょうか?

                   A   B   C   D
竿 )  キャスティング     ×   ○   ○  ○  
竿 )  トローリング       ○   ○   ○  ○    
竿 )  ジギング         ○   ○   ○  ○ 
竿 )  胴付            ○   ○   ×  × 
竿 )  バス            ○   ×   ×  × 
リール) スピニング        ○   ○   ○  ○ 
リール) トローリング       ○   ○   ○  × 
リール) ジギング         ○   ○   ○  ○ 
リール) 胴付           ○   ○   ○  × 
リール) バス           ○   ×   ×  × 
付属品) キャスティング    ×   ○   ○  × 
付属品) トローリング      ○   ○   ○  ○ 
付属品) ジギング        ○   ○   ○  ○ 
付属品) 胴付           ○   ○   ×  × 
付属品) バス           ×   ○   ×  × 




今日紹介するのは、たまたまサイクリングに行ったときに見つけたお店です。


余談ですが、フィリピンは交通事情が悪いです。そして、運転マナーはもっと悪いです。

簡単に書くと 『車はえらい。車が優先で、人はその3位』 って感じです。

自転車に乗る場合は、車で安全なエリアに運んでから使用します。

04102009245.jpg AGAも車で自転車を運びます。 

写真後ろの赤い車が遊び用の車です。FORD E150 渋滞するとリッター2キロ位です。

この店を発見したのは、マニラのBAYエリアを鬼嫁とサイクリング中でした。

たまたま見つけた釣り道具屋さん。 名前?・・・Dです。 いまでも知らないですけど、、、

オープン当時の写真です。 まだ 方向性が決まってない頃ですネ。。。売れ筋も判ってない。

04102009237.jpg   04102009238.jpg

我が物顔で店内散策。。。 20㎡位のお店です。 まるで、店主のようにふるまうAGAです。

04102009234.jpg   04102009235.jpg

ロッド・リールも、日本の海のそばのスポーツショップに置いてる程度。


現在は、ジギングを中心としたお店になっていますが、リールがあっても適合した糸がないとか?

又 女性の定員で釣りをした事がない。お客さんから教わった通り話す。。。?

初回は当然 『何も買わない。。。見ていじってるだけ~~~』 でした。

中国製のPEとか売ってましたが、、、PEがナイロン並みに太い?


今はたまに(2ヶ月に1回位)行きます。

カタログ注文で商品が入荷した場合か、お店から新製品入荷の連絡をもらった場合。

いずれにしても、お店から連絡を頂いています。。。。

注文は利いてくれます。但し、カタログ見て自分で想像して注文しています。


オープン3年目。 オーナーの趣味でやってるようなお店です。


場所は、モールドアジアのそばです。


残り3軒のお店紹介は、、、また 追って致します。 


趣味の釣り師にとっては、非常に商品がない国です。 日本の皆様が羨ましい。 <(_ _)>


次回のフィリピン釣り道具屋紹介は、、、 いきなり、Aに行ってみましょうかね? 





スポンサーサイト
その他 | コメント(11) | トラックバック(0) | 2011/01/20 00:11
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
なかやま氏様
こんばんは、
フィリピンはスポーツコーナーにも置いていますが、まともな釣り道具はないですネ。店員も釣りの事は全く知りません。 そうですネ。アメリカでは釣りはスポーツとしての認識で、しっかりしたインストラクターがおられる様ですネ。

おそらく釣り道具屋が発達しているのは、日本・韓国・マレーシア・タイ・台湾・中国の一部(Hong Kong) ではないでしょうか? 特にマレーシアは展示品も多く国際フィッシングフェスティバルをやってるようです。ニュージーランド・Australiaも釣り道具屋さんがありますね。 
No title
こんにちわ。アメリカだと釣具屋さんはほとんど見かけず、スポーツショップの釣具コーナーが、釣具屋さん並みの品揃えってところが多いのですが、フィリピンは釣具屋さんの方が良いんですね。国によって色々ですね。それを思うと日本はスゴイ国です。会社帰りに寄ることが出来る三宮の釣具屋で何でも揃ってしまいます。ワタクシは現状に感謝しないといけませんね。
ランチさん
ランチさん。訪問有難うございます。

フィリピンの道路事情ですが、駐在員10人への問いかけです。

『フィリピンで運転したいと思いますか?』
答)したくない 10人

『フィリピンで運転した事がありますか?』
答)した事がある 1人

『フィリピンでの運転に自信がありますか?』
答) 自信がある Ⅰ人

上記が、通常の場合です。 それほど凄いトコです。

<(_ _)>
こんにちはAGAさん(^_^)/。




フィリピンの道路事情は……田舎道しか知らない自分などは、行けば弾かれてしまそうですね(笑)。


ガキおやじ様 
こんばんは、釣り道具屋の店長のAGAです。

今回は、クラスDの紹介でした。

Aクラスの紹介は、凄いですョ。 日本製品満載です。旬の釣り道具が一杯。 でも、釣り道具は贅沢品の部類です。関税が25~50%近いものもあり、正直高価です。 殆どメーカー正規金額(定価)での購入ですネ。 でもないよりましです。

B C クラスは、メーカーの工場直送でコストを落としていますが、日本国内販売用とはちょっと違います。
又 『これ、コピーじゃないの?』製品もあります。 特にロッドは、、、
店長!!
こんばんは!!

写真を見る限り、日本の釣具屋と変わりないようですね。AGAさん、思いっきり店長ですね(^o^)

カタログで取り寄せは、海外では時間が掛かりそうですね。。。日本製もあるんでしょうか?


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: