『賛否両論?』


ニッポンの元気を取り戻そう。 それが、使命だから。

何をしなくちゃいけないか? 『継続的に働くこと』 では?

出来る事をするって? 『継続的に働いて、経済を支援すること』 では?

先週の金曜日に地震はきた。。。 正常じゃない一週間が過ぎた。

被災地は、いまだに悲惨なものだ。 しかも、現地に帰りたくても帰れない人が多くいる。

そして、我々の親爺たちが戦後日本の復興に貢献したようにひたすら働いている。

平凡であることは、非常に困難なことです。 非凡のほうが楽な日常かもしれない。

昭和40年代に、トイレットペーパーと石鹸が無くなった事があった。

買占めは、今も同じようにある。 当然なことだ。誰しも不自由はしたくない。

チョットだけ、ほんの少しだけ優しくなってもらいたい。

被災地に送る乾電池がないそうだ。 計画停電のエリアは、充電式はダメだろうか?

批判は誰でもできる。 AGAは日本にいない。 だから、勝手を言ってるのだろうか?

燃料不足も同じだ。 被災地に向かうトラックは片道切符だ。 燃料が無く戻れないトラックが増え

トラック協会も尻つぼみになっている。 不安解消行動も理解できるが、、、

それは、常識ある行動なのだろうか? 私は人を責めるのは嫌いだ。 

こんな私の今日の記事は、非常識な記事なのだろうか? 

P3130046.jpg どんな時でも朝日は昇る。

P3130040.jpg

P3130033.jpg   P3130038.jpg

P3130044.jpg   P3130048.jpg

P3130051.jpg   P3130052.jpg

P3130053.jpg 私は、自給自足の生活を否定しない。

今、正常の環境下の人たちは無理をしてはいけない。 出来る事を確実に行う事が必要だと思う。
そして、ストレスをためてはいけない。 ストレスが膨らんで良い結果が生まれたことはない。
釣りがしたい。。。 

私は、自分の子供に未来を残してあげたい。 だから、無理はしないで持続性ある行動を選択します。

そして、日本の生産性が落ちた分を海外で補うことの手伝いをしていきたい。

ニッポンの元気は、海外から、、、、と思って頑張っています。



探しています。 ちぬ倶楽部黒磯 心当たりがあれば連絡をお願いいたします。

スポンサーサイト
出張報告 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/17 01:03
コメント

管理者のみに表示
現在の閲覧者数: