スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

うまかもん



Bonjour. Comment êtes-vous?



マキマキでお疲れのAGAでございます。



昨晩、遅くに帰ってからの夜食。



美味かったです <(_ _)>



明太子を知り尽くした ふくや



明太子を日本ではじめて製造・販売したふくやの



明太子入り高菜漬け
AGA 001

名付けて、うまかもん



そのままお漬物としてはもちろん、
ラーメンにも、
チャーハンにも料理の具材としても最高です。
お漬物として、
お料理の具材として最高の高菜をふくやらしく明太で仕上げました。

AGA 002



炊立てのアツアツごはんに、、
AGA 003



混ぜご飯のように、、、
AGA 004



『おかわりィ~~~~~』






ご訪問有難うございます。
AGAの幸せのために、今日もポチットお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ (^o^)/ Thanks 

にほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへ
にほんブログ村

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 此処を押してくださいね。。。。 <(_ _)>


ウマかったバイ。。。 <(_ _)>



スポンサーサイト
| コメント(6) | トラックバック(0) | 2012/07/27 06:58
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
No title
なんでかな?
理由はわからんでも、、

明太子発祥の地、福岡には博多港(湾)があり、博多港は「魚のおいしい街・福岡」を支えていて、昭和30年に開設されてから今まで全国でも有数の取扱高を誇っています。

しかし、博多特産「辛子明太子」の原料も実は海外生産に多くを負っています。スケトウダラを韓国語で明太(ミョンテ)といい、その子なので「明太子」というわけですが、このスケトウダラの主な漁場はアラスカ湾、ベーリング海、オホーツク海、北海道近海、朝鮮半島近海の5カ所です。一般的に流通している「タラコ」「明太子」の80%以上が輸入原料を加工していると言われています。

では、どうして明太子が福岡・博多の特産物となったのでしょうか。

 昭和24年に博多の中洲で、日本で初めて発売されたという「辛子明太子」はいまや福岡の土産物の代表ですが、明太子の生みの親は実は味の明太子ふくや創業者の川原俊夫氏なのです。

明太子の原形は朝鮮で食べられていた「メンタイ」と呼ばれる食べ物です。ふくや創業者の川原俊夫氏にとって、彼が朝鮮で生まれ育っ時に食べていた「メンタイ」の味が忘れられないものとなり、日本に帰った後、何か人のためになる仕事を、と思って始めた食料品店で、他店にはない商品を売ろうと考え、その時ひらめいたのが「メンタイ」でした。そこで何とかあのメンタイの味を出そうと開発を重ね、ついに「味の明太子」として完成したのが始まりなのです。だから明太子は韓国風の味付けになっていて辛いのです。

ちなみに当時の日本には、たらこを焼いて食べる習慣はありましたが、生で食べる習慣はなく、売れ行きは良くありませんでした。川原氏はお客さんにとりあえず興味を持ってもらうため、店でよく売れる「卵」と「味の素」ではさむ形で真ん中に明太子を並べたり、宴会等に持っていって試食してもらったりと、その存在を知ってもらうことから始め、その味の良さは次第に口コミで広がっていったのです。加えて、新幹線の開通や航空便による通販も開始され全国に広まっていきました。

 明太子という名称を登録商標にせず製法特許を独占しなかったことで、他社もその名を使うことができ、辛子明太子は福岡を挙げてその名を全国に広げたのです。そして、福岡の名産となっていったのです。

AGA辞典より、、、
No title
明太子…原料が取れるのは、北の海。
でも、明太子が有名なのは…福岡。

このギャップは、楽しいし、美味しいですね♪。
mikiさん
ぎゃっははははは うまかァ~~~~~

本当に美味いです。

しかし、お互いに

食欲と釣慾は旺盛ですから、、、夏バテなんか、、

関係ありませんね。。。 <(_ _)>
No title
辛子明太入り高菜!

何膳でもいけますね

暑いとき食欲ない時には

ぴったりです(^ー^)b

まぁ食欲ないときは全然ないですけど(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: